おもしろいを見つける プログラミング教室Labot

プログラミング言語を習得するのではなく、
プログラミング的思考を習得すること。

現在主流のプログラミング言語を習得しても、子どもたちが大人になった頃、そのプログラミング言語が今の形で残っているかどうか、誰にも分かりません。 Labotのプログラミング教室では、プログラミング言語の習得を目的とするのではなく、「考え方」を身につける事を目的としています。

おもしろい。を見つけるプログラミング教室

ゲーム制作コース

ゲームをする側から作る側になり、座標や角度・反射などの計算を使ったプログラミングを行います。

ミニ四駆コース

改造したミニ四駆でステアリング制御、モーター制御を行い、自動運転のプログラミングを行います。

ドローンコース

プログラミング可能なドローンで、姿勢制御などを計算し、空間飛行のプログラミングを行います。

入会金:10,000円
月会費:10,000円/月

1回あたり90分の講座を月2回まで受講する事ができます。

機材費・材料費
  • ミニ四駆コース: 12,000円~
  • ドローンコース: 15,000円~
  • ゲーム制作コース: 5,000円~

※機材費・材料費は追加費用が発生する場合があります。
※使用機材の取り扱い中止などにより別機材を使用する事で費用が変わる場合があります。

表記は全て税抜です。

経験した分だけスキルレベルが上がる

"Labot(ラボット)で身につく4つのスキルレベル"

プログラミングを学ぶと、「論理的に考える力」と一緒に「言語」「数学」「物理」「工学」などの基礎的な知識が身に付きます。
Labot(ラボット)では、子ども達の競争意識・やる気の向上・持続的な集中力の向上を目的に、各カリキュラムに対して4つのスキルレベルを設定しています。

自然と身につく4つのスキルレベル

"やればやるほどクラスが上がる"

Labotでは、独自の評価システムで子ども達の習熟度を測っています。
また、カリキュラムに応じて取得できるスキルレベルが決められており、やればやるほど自分のスキルレベル(経験値)が上がっていきます。なお、カリキュラム受講によって獲得した4つのスキルレベルの合計数に応じて、子どもたちの「クラス」が決定します。
※Labotでの「クラス」とは、ゲームでいうレベルのようなものです。

"自分のクラスがカードで見れる"

Labotでは、スキルレベルの獲得数に応じて、身に着けた知識を経験値としてビジュアル化する取り組みを行っています。ひとりひとりに渡されるカードには、自分のクラスとスキルレベルが記録されます。
スキルレベルが増えるとクラスが上がるので、自分のレベルがゲームの感覚で上がっていくことが実感でき、モチベーション維持につながります。

スキルカード

"自分で解決できる力が育つコース"

Labotでは、子ども達が自分で調べ、自分で考え、自分で判断できる人間になっていくことを望んでいます。その為には、様々な知識や経験を積み「自分で解決できる力(問題解決能力)」を身につけていくことが必要です。
Labotでは、「自分で解決できる力」を身につける為のプログラミングコースをご提供します。